store

工房イサド


写真 萬田康文

ふだん気がつかない、あるいは気にも留めないようなものに
実は不思議な魅力が隠されている
新しいものを一から作り出すというよりは
既にあるものの中に魅力を見つけ出すことから
いつもはじめているような気がする

工房イサド 本田淳

http://isado.d.dooo.jp/


1968
東京都足立区生まれ 生家は元兵舎だった古い建物で
家族が寝ていた部屋は天井がなく
梁がむき出しだった
縁側の杉の節穴から床下を覗いたりしていた
古い木の記憶
1990
筑波大学卒業、パルコ入社
宣伝・販売促進系の仕事を主に担当
若手アーティストの公募展を担当し大いに刺激を受ける
1996
都立品川職業技術専門校木工科に入学
刃物の研ぎや木工、家具制作のイロハを学ぶ
夕方5時から青物横丁周辺を呑み歩く
1997
木工房シン入社 特注家具の製作に携わる
2000
家の二階が古家具で一杯になるほどの古物好き
古物商免許を取ることも真剣に考える
家具制作の技術と古い物を組み合わせて
自分らしい何かができるのではないかと漠然と思い始める
2003
埼玉県北葛飾郡に工房イサドを設立
無垢材を主とするオーダーメイドの家具を制作するかたわら、古材を使った額や生活の道具などを制作
2006
オカズデザインと世田谷の古民家にて企画展を開く
2014
数学的な形の美しさに魅かれ、この頃からオブジェ作品にも取り組み始める
カモシカにて個展「匙」を開催
2020
カモシカにて二人展「四角」を開催