store

山本 美文

「低空飛行を愉しむ」がモットー

誰よりも低く、地面すれすれを飛び回っていたい。

いつだって、一番遠く離れた場所から青空を見上げるために。

1959
岡山県岡山市で生まれ育つ
1987
信州で10年間木工を学ぶ
1997
故郷の岡山に工房移転
2006
「シェーカー様式に学ぶ」と題した展覧会を企画し、反響を呼ぶ。同年、倉敷のクラフトフェアの立ち上げに参加
2013
「牛窓クラフト散歩」ディレクターを務める
2016
手仕事の詩(うた)を言葉に残し、短章の「パンセ」を発表し始める
2018
カモシカにて個展「白秋」を開催
2020
カモシカにて画家・早川桃代との二人展「しろたえ」を開催

技巧に溺れず

伝統に甘んじないよう

日々の修練に身を尽くす

理念に捉われず

あらゆる場面でノンポリシーを貫くために

目を閉じ

孤独をうたい

生活を賛美する


そもそも美しいものの形が存在するのではなく

それを美しいと感じる人の心に美は宿るもの

時を結び

美を伝承する鍵は

いつだって

君の心の中に置かれている


木工・山本美文